苦しい時はあっても、苦しい人生はない。WEB業界で働くマイペースな奴のマイペースなBLOGです

「Yahoo!検索」もSSL化を発表!SSL化よる影響を考察してみた

2015.08.12

2015/08/12 にYahoo!からセキュリティ強化のため、検索結果をSSL化すると発表がありました。

「Yahoo!検索」SSL化のお知らせ
http://promo.search.yahoo.co.jp/news/service/SSL.html
この度「Yahoo!検索」では、より強力なセキュリティ基準を採用したサービスを提供するため、2015年8月18日より段階的に、検索結果にSSLと呼ばれる暗号化プロトコルを使用することにいたしましたので、お知らせいたします。

Googleはすでに、2012年3月にSSL化を公式発表しています。
引用:https://www.suzukikenichi.com/blog/ssl-search-is-default-in-google-co-jp/

検索結果SSL化の影響

自然検索(Google・Yahoo!の広告では無い通常の検索結果からのトラフィック)は、どんなキーワードでユーザーさんが流入したかわからなくなり、Google Analytics だと(not provided)が更に増えることになります。

今まで辛うじて計測出来ていた、Yahoo!分がわからなくなることで、ほぼ100%わからなくなり、Googleが提供している「Search Console(旧 Webmaster Tool)」の検索アナリティクスが提供されていますが、解決出来ない問題があります。

  • 過去90日分しかデータを取得出来ない
    (=過去の数値は不明になるため、最低でも3ヶ月に1回はデータを取得する必要がある)
  • 実際のGoogle Analyticsと数値と5~10%程度の差がある
  • Yahoo!分は不明になる
  • 実際どのキーワードでのCVR(商品購入率・会員登録率)が高いのか不明になる

それによって起きる影響としては、個人的には費用対効果がさらに不明確になるというのが最も大きいのではないでしょうか。
例えば、

  • ある特定のキーワードに費用をかけて検索エンジン対策をしていたが、そのキーワードからどれくらいのユーザーさんが来ているのか明確な数値がわからなくなる
  • どういったキーワードで来たユーザーさんのCVR(購入率・会員登録率)が高いのかわからなくなる
  • 記事などをライターさんにお願いして書いてもらっていたが、どのキーワードでユーザーが来ているのかわからない。

などが挙げれられます。(あんまり思い浮かばなくてすいません(汗)他にあればコメント下さい)

対策方法

今後の対策としては、大きく2つの手法が考えられます。

  1. アクセス解析ツールを「ランディングしたページのTITLE」をベースで分析する
    (ページの属性がわかるようなTITLEやURL構造にする必要がある)
  2. リスティング広告でテストマーケティングを行い、検索回数のボリュームとCVRを把握する

個人的な意見

 

細かい消費者の欲求やニーズがわかる情報がなくなるのは非常にやりにくくなりますね。
それぞれのキーワードでの直帰率とかの違いもわからなくなり、本当にユーザーさんにとって役立つものを作るための根拠となるデータはどうなるんだろ。。。

著名な方々の反応

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。